KBS『お嬢さまをお願い』 あらすじ

韓国公式サイト~あらすじ

第1話(韓国放送:2009.8.19) 「へナ、社会奉仕命令を受ける!」
40万坪の大邸宅の主人、カンサングループ唯一の相続女カン・ヘナ。

人々は彼女を東アジア最高のホットセレブリティと羨むが、しかし彼女の並外れた性格は誰も止められない。 カン会長はへナが嫁でも行けばちょっと良くなるかと思い、お見合いの席を用意するが素直に応じるわけがないへナ、カン会長に恥をかかせてその場をはねつけて出ていく。

一方、母の病院費のために過去にツバメを生業にしていたドンチャン、しかしまだその借金を返済できず組織暴力団に頭が上がらず追われる身なのだが…。 どうにか2ヶ月以内に返済すると頼むが、実は金が出てくる隙はない。 複雑な心情で花輪を配達したドンチャン、誰かがドンチャンが配達した花輪を車でにじり寄ってくる。

へナだ。
初めはうまく乗ろうとしていたドンチャン、しかしへナの傲慢不遜な態度のために警察署まで行くことになって、結局へナは社会奉仕命令を受けることになるのだが……

第2話(韓国放送:2009.8.20) 「彼女の初恋(?) 」
へナに近づいてお金を得ようと、へナの執事になったドンチャン。
しかしへナ、扱いやすい相手ではない。
初めての出会いから気に入らなかったドンチャンを色々なことでこらしめて追い出す計画をたてるのだが。

しかし、その度に機知を発揮して、あれこれ避けるドンチャン。怒りがぐんぐんこみ上げるへナ!
結局ドンチャンを乗馬場に連れて行って、最終血戦を繰り広げようとするけれど…

そこでへナは初恋ジュンスに似ている人に出会う。
ドンチャンをいびることもすっかり忘れて、夢中でジュンスを追いかけるへナ、しかしへナの前に現れたのはジュンスでなく、人権弁護士でありユサングループ次男のテユンなのだが……

第3話(韓国放送:2009.8.26) 「ときめくへナさん~」
自分のお見合い相手がテユンだったと知ってときめくへナ。
スアが運営するテナ製靴ランチングパーティーにテユンが来ると知り、密かに待っている。
しかし、ドンチャンはへナがテユンに関心を持つほど、自身の計画狂うようで不安だ。
それで組織暴力団と組んでへナを危機に追い込み、自分が現れて救出し、格好いい姿を見せようとするけれど……

第4話(韓国放送:2009.8.27) 「消えてしまったへナ.. 」
テユンから、僕のことが好きなのかと聞かれ心境が複雑化したへナ、自分は本当にテユンが好きなのか? 考えが多くなる。

テユンはへナにミスしたようで、ずっと気にかかってへナに連絡を取ってみるが、へナはテユンの連絡を受けないのだが。

一方、カン理事のためにへナがテユンを追いかけていると知ったカン会長、かんかんに腹を立ててへナを海外に送りだそうと考える。

へナが海外を行けば自分の計画が失敗に終わりそうで不安なドンチャン、どうしてもへナを説得して、出勤させようとするが効果がないのだが。

結局、出国のピークを迎えたへナ、執事とメイドはへナを出国させる準備をする。
ところで出国当日、部屋にいなければならないへナが消えたのだが… …

第5話(韓国放送:2009.9.2) 「ドンチャン! へナに襲われる.. 」
ドンチャンのキス事件で怒ったへナ、ドンチャンの部屋を襲撃してドンチャンを殴り倒して。 おかげで顔や体に傷を負ったドンチャンは、執事の集まりに遅れて、チャン執事の毒々しい眼差しを浴びる。

一方、へナが出勤するのが気にくわないスアは、テユンとご飯食べる席ですることもなく会社に出てきてぶらぶら遊んでばかりいるとへナを非難して。ドンチャンはテユンの前でへナのメンツを立てるために「お嬢さんは今大変なプロジェクトを準備中です。」と嘘をつく。

ドンチャンの嘘のおかげで、理事会ではへナが準備するプロジェクトに関心を持つことになり、慌てたへナは「お前の嘘のせいでこうなったのだから。プロジェクトのアイディアを出して!」とドンチャンを急き立てるけれど…

第6話(韓国放送:2009.9.3) 「へナの告白.. 」
テント座り込みを終えたテユンとスホは、一歩遅れて長水(チャンス)に行き、スアもへナとテユンが共に農村奉仕活動に行ったという話を聞いて嫉妬してウィジュを連れて無計画で長水へ向かう。

同じ部屋で共に寝ていたドンチャンとへナ、テユンがドアをたたくやびっくり驚いて立ち上がる。
ドンチャンをクローゼットに押し込めて、危機を免れようとするへナ。
しかしスアがドアをばっと開いたせいで、結局テユン、ウィジュ、スホ、スアに同じ部屋にいた事実を見つかってしまうけれど。
ドンチャンとへナが何もなかったといくら弁解をしても、疑いのまなざしを収めない4人。

しかも、テユンはへナに対する態度が冷ややかだった。
気に障ったへナ、わけもなくドンチャンをいじめて、その姿を見たウィジュは怒ってへナに飛びかかるのだが。

ドンチャンとテユンが止めて、ようやく喧嘩は落ち着くが、怒りが収まらないへナは..
テユンにこれは全部あなたのせいだと言って、私が誰のためにここへ来たのか、なぜ自分の心を分かってくれないのかと、うっかり愛を告白するけれど…

第7話(韓国放送:2009.9.9 「チャン執事の疑い..」
チャン執事の疑惑に満ちた質問に、逆に思い切った対応をするドンチャン、しかしチャン執事はドンチャンに対する疑いを収めることができず、ウソンにドンチャンを監視しろと指示する。

カン会長の招待でへナの家を訪れたテユン、ヘナと楽しい時間を送って。
ドンチャンはその姿を見て心境が複雑になる。

スンジャにチャン執事がドンチャンを疑っていると聞いたウィジュは、ドンチャンを訪ねて、自分が借金を返済してあげるから今すぐ家を出てと説得するが、ドンチャンはいくらツバメでも家族のようなウィジュの金は受け取れないと断る。

ウィジュが泣くのを見たへナは、ドンチャンとウィジュの間に確実に何かあると察してドンチャンを呼ぶのだが…

第8話(韓国放送:2009.9.10) 「カン理事の暴露..」
記者の前で何も言えずに立っているへナを、無計画に連れて出たドンチャン、一旦へナを逃避させるが、へナはドンチャンに感謝の言葉さえ言わないまま、一歩遅れて駆け付けたテユンに抱かれる。
ドンチャンはその姿を見て寂しく背を向けるけれど。

心筋梗塞がさらに進行する前に、手術のためアメリカ行きを決めたカン会長とチャン執事、この事実がマスコミに出ないようセキュリティーを徹底的にしろと指示するが、キャッスルのスパイから情報を得たカン理事は記者会見を開き、全ての事実を暴露する。

ようやくドンチャンがカン理事のスパイではなかったと知ったチャン執事、ドンチャンを訪ねて、これまで疑って申し訳なかったと言い、カン会長と自分が席を外す間、へナを守ってくれとお願いするのだが…

第9話(韓国放送:2009.9.16) 「こわれてしまった信頼..」
組織暴力団に会ったへナ、ランチングショーの時ドンチャンが組織暴力団に頼んで、自分を酷い目にあわそうとしたという事実を聞き、ドンチャンの顔を叩く。

それでも、へナにつばめをしようとした事がばれなくて幸運だと思うドンチャンは、ひとまず安堵して、組織暴力団に今すぐ会おうと連絡を取るが、しかし、今度会おうとしながら言い逃れて電話を切る組織暴力団、その前にへナが座っている。

組織暴力団からドンチャンが自分につばめをして、1億を取ろうとした事を聞いたへナ、裏切りに震えあがってドンチャンの腹の中を探り始めるのだが…

第10話(韓国放送:2009.9.17) 「ドンチャンの告白..」
ドンチャンは車に轢かれそうになったへナを救ったが、2人のぎくしゃくした関係は簡単に回復しない。

ウィジュはへナがドンチャンが元つばめであることを知りながらも、遠慮なく面と向かって非難したことが悔しくて頭にきて、へナにドンチャンがお母さんの病院費のためにつばめをした事を話し、人をむやみに扱うなと警告する。

へナはウィジュの話を聞いてドンチャンに酷く当たったことを気にするけれど。
へナとウィジュの話をふと立ち聞きしたテユンは、ウィジュを呼んでへナとドンチャンの間に自分が分からない事実があるのかと尋ねると、ウィジュはドンチャンがつばめだったということを明らかにはしないが、ドンチャンがへナのそばにいるのは私(ウィジュ)も嫌で、イ弁護士(テユン)も嫌なのではないと言い、へナとテユンが早く結婚してほしいと話す。

一方、ドンチャンは気持ちを整理しに、お母さんの墓に行ったが、すでに自分の気持ちがへナにたくさん向いていることを知り苦しいだけだった。

キャッスルに帰ってきたドンチャン、へナが自分を避けようとすると、自らの誤りを告白して、しかしキャッスルに帰ってきたのは心からへナが心配だったからで、へナが好きだと告白するけれど…

第11話(韓国放送:2009.9.23) 「テユンのプロポーズ」
創立記念パーティーで、へナをカンサングループの後継者として紹介したカン会長、しかしその場に集まった株主と役員は、へナを後継者と認められないと、パーティ会場を後にする。
慌てたへナは、自分に一度機会をほしい、もし機会をくれたのにちゃんと仕事ができなければ、自ら退くと宣言するけれど。

一方、ウィジュからドンチャンの正体を全部聞いたテユンは、ドンチャンにいきなりこぶしを振るって、へナのそばから離れてほしいと警告をする。 そしてへナに結婚をしようとプロポーズするのだけど。

テユンのプロポーズが意外に嬉しくないへナ、結婚をしなければならないのか迷うのだが…

ドンチャンはへナがプロポーズされたと聞いて、自分が離れる時がきたようだと思い、へナに離れるなという要請は聞き入れることができないようだと話すけれど…

第12話(韓国放送:2009.9.24) 「カン会長の要請..」
ドンチャンの部屋で目ザメタへナ、ホテルで酒を飲んでまたドンチャンに電話して自分を連れていってくれと言ったと聞き、自ら驚くけれど。

ミナからへナがキャッスルから追い出されたという事と、ショッピングモール売り上げを自分の金でアップさせた事を聞いたドンチャンは、ヘナになぜそのように生きるかと説教をして、カン会長に過ちの許しを請えとキャッスルに無理やり連れて行く。
しかしへナをキャッスルに一歩も踏み入れさせないカン会長。

結局、へナはキャッスルの外で投げ出される。テユンも訪ねるが、ドンチャンの家にいたことを聞いたテユンはへナに冷たくするばかりだ。
結局、行く所がなくなったへナは、またドンチャンの家を訪ねるのだが…

一方、チャン執事はドンチャンにカン会長の命が危篤だと話し、カン会長の後継者としてへナを立て直すためには、世の中の教育が必要だとして、ドンチャンにへナをお願いするのだが…

第13話(韓国放送:2009.9.30) 「始まった恋人」
へナから好きだと告白されたドンチャン、これまで心にだけ大事にしまっていたへナへの愛を表し、カン会長に呼ばれるまで恋人になろうと提案する。

またカン会長を喜ばせるためには、仕事も熱心にするべきだと言って、たとえ会社にいなくとも、これまで推進したショッピングモール事業も引き続き進行して、ドンチャンが助けてくれたアルバイトも一緒にして、楽しい時間を送るけれど..

しかし、ドンチャンのためにへナが自分のご両親と会う席をけって出て行った事が苦しいテユンは、ウィジュと一緒に酒を飲んで意識を失い、旅館に行くことになるけれど…

第14話(韓国放送:2009.10.1) 「大騒ぎになったカンサングループ」
カン会長にドンチャンと両思いだとばれたへナ、むやみにドンチャンと逃げようといって海辺に逃げるが。

チャン執事は、キャッスルの執事たちにへナの尾行するように命じるけれど。

カン理事が流した記事で、新聞は’元つばめにもてあそばれたカンサングループ後継者カン・ヘナ’という刺激的なタイトルで新聞1面に記事が出始め、これにカンサングループは大騒ぎになる。

知らせを聞いたウィジュとテユンも、へナとドンチャンを探すが、すでに海辺について幸せな時間を送っている彼らを探すことができない。

だが、ドンチャンはチャン執事からカン会長のことを考えろというメッセージが届いて、罪悪感に陥るけれど…

第15話(韓国放送:2009.10.7) 「再びうごめく陰謀..」
初夜を過ごし、カン会長を訪ねたへナとドンチャン、2人は追い出されることを予想するが、カン会長は意外にも2人の関係を素直に承諾する。

そして2人の関係が今は否定的な見方ではなく、純愛とまとめられ記事になり、2人を非難した会社とキャッスル職員までも、その関係を認めることになる。

さらにはへナが進めていたショッピングモール事業も、目標値の15%を達成するや、カン理事は後継構図をはじめとするカンサンの雰囲気がへナを高評価する方に流れるのが不安で、再びスパイをさせてへナにケガを負わせようとするのだが…

第16話(終)(韓国放送:2009.10.8) 「これまで『お嬢さまをお願い』を応援してくださった方々に心から感謝します 」
ドンチャンと別れてカン会長と共にキャッスルに戻ったへナ、胸中ではドンチャンが懐かしいが、表面ではわざと明るいふりをしてカン会長を安心させて..
会社重役たちにも、以前とは違う姿で後継者の地位を作っていく。

だが、へナがドンチャンに送ることのできない手紙を書いたことを見たミナは心が痛み、カン会長に今後へナをそばで守ってくれる人は誰なのか、よく考えてほしいと話す。

ウソンも、ドンチャンをわざわざ竹林に呼び出し、へナと会う場を用意するけれど……

<これまで『お嬢さんをお願い』に送ってくださった惜しみない関心と愛に深く感謝申し上げます。
良いドラマのために頑張ってくれた多くのスタッフの皆様にも、大いなる声援と激励をお願い致します^-^ありがとうございました。 >

(『お嬢さまをお願い』韓国公式サイト~予告より)

タイトルとURLをコピーしました