[記事]チョン・イル、クォン・ユル、パク・フン、コ・アラ、SBS『ヘチ』主人公

ヘチ(獬豸)

チョン・イル君の復帰作がSBS『ヘチ』に確定したようです。

[単独]チョン・イル、クォン・ユル、パク・フン、コ・アラ、SBS『ヘチ』主人公
日刊スポーツ|2018.10.30午後4:01

来年期待作『ヘチ』の主人公が決定された。

チョン・イル、クォン・ユル、パク・フン、コ・アラは、来年上半期に放送されるSBS『ヘチ』の主人公として出演する。

チョン・イルは、劇中延礽君(ヨニングン)李昑(イ・グム)を演じる。王の血縁、堂々とした王子にも母親が賎民という理由で、王室だけでなく、朝鮮の地のどこからも完全な王孫として認められない人物である。生まれつきの天才、比較不可な知能と冷徹な判断力まで備えているが、全く役に立たない。

クォン・ユルは、勢力が弱い少論の中でも、あまり知られていない家に生まれた朴文秀(パク・ムンス)を務める。根性と情熱、正義を追う意気だけは当代朝鮮の上位1%で、剣を手に持って、最弱者を守らなければならないということを熱い心で知っている人物である。

パク・フンはワルペ組織のボスであり、有名な芸人であり、妓生たちのひもであり、負債一つで数十人の若者を相手にする武術の達人ダルムンに変身する。生まれつきの度胸と人をとりまとめる能力を基に、漢陽地域の中心となる人物だ。

コ・アラは劇中、男ではなく女であることで差別されることを嫌うヨジを演じる。司憲府の茶母(タモ)。すべての捜査官を通して、武術と捜査に最も長けている。各種変装と偽装術、スパイは基本で、捜査のために清国語と倭語まで覚えるほどの人間兵器だ。感覚が鈍く、感情を抑えられず、感性がドライな素性が’3無感’である。

『ヘチ』は、善悪を区別して正義を守る伝説の動物である。最下層のムスリから生まれた王子延礽君(ヨニングン)李昑(イ・グム)、万年科挙準備生の朴文秀(パク・ムンス)、市場通りの新星暴れ者ダルムン、司憲府の熱血茶母(タモ)ヨジが、共に力を合わせて大権を勝ち取り、今日の検察組織と同じ朝鮮の司憲府を改革して、時代の正義を正しく立てる愉快な冒険談である。

来年上半期放送される。

ひとまず、イル君復帰作確定おめでとう~!
SBS からの公式発表ということで…主演4名が確定だそうです^^
まだ編成時間帯が決まっていないようなのですが、また続報を見守りたいと思います。

コメント:Leave a reply

  1. むっちい より:

    待ってました!でも日本で観れるのは、まだまだなんですよねー!
    素敵なドラマになりますよう!

    • Chika より:

      むっちいさん★史劇のオンライン視聴は結構厳しいので、早く字幕放送で観たいですよね^^;
      脚本が史劇に定評のある方なので、期待しています^^

  2. Hisako より:

    Chikaさん♡次回作確定なんて♡すごいですね。
    たくさんの方が待ってますからね〜♡楽しみです。

    • Chika より:

      Hisakoさん★一応SBSからの公式発表でしたので、確定で大丈夫だと思います。イル君からの所感は、服務中は出てこないかも…ですね。
      楽しみですよね♪

  3. nao より:

    イルくん復帰作確定おめでとう。復帰作で韓服姿のイルくんに会えるのはすごく嬉しいです。Chikaさん情報を載せていただきありがとうございます。

    • Chika より:

      naoさん★服務中に復帰作が決まるなんて、順調に復帰できそうで嬉しいですね♪
      私も韓服のイル君大好きです~楽しみですね^^

タイトルとURLをコピーしました