[動画]tvN『シンデレラと4人の騎士』メイキング映像~最終回撮影現場 & 放映終了所感

シンデレラと4人の騎士<ナイト>

イル君主演のtvNドラマ『シンデレラと4人の騎士』、最終回撮影現場 & 放映終了所感、ビハインド映像です。
関連記事も合わせてご紹介します。


(何故だかじんとくる) 放映終了所感 & 最終話ビハインド先公開!(今夜11時最終話)[tvN『シンデレラと4人の騎士』16話 20161001 (cr. tvN)

チョン・イル挨拶「皆さん、こんにちは。『シンデレラと4人の騎士』で
カン・ジウンを演じました、チョン・イルです。
お目にかかれて嬉しいです。

Q.シン4騎の放映終了所感をお願いします!
イル「4か月近い撮影が、まもなく終了になりますが、
物悲しくもあり、また、こうして最後の撮影を迎えるので
名残惜しくもすっきりしているのですが、
楽しい経験であり、
面白い撮影だったと思います。


『シン4騎』終映、チョン・イル、パク・ソダム、ソン・ナウン、アン・ジェヒョン、最後の感想を伝える…「消えろ! 僕の心の中に」
newspim|2016年10月03日00:00
161003_newspim

俳優チョン・イル、パク・ソダム、Apinkソン・ナウン、アン・ジェヒョンが、『シン4騎』の終映感想を伝えた。

チョン・イルはtvN金土ドラマ『シンデレラと4人の騎士』(シン4騎)が終映した1日、自身のインスタグラムに「事前制作ドラマだったので、撮影から放送までの時間が長く、それだけ長い時間を共にしたカン・ジウンなので、僕も手放すのが残念です」という書き込みを掲載した。
さらに、チョン・イルは「ジウンは痛みも多く、自分の心も簡単に見せなかった友達で、劇序盤では暗い姿も多かったけど、後半に進むほど、自分の感情も見せて明るくなるジウンを演じて、変化する姿に本当に幸せでした。 胸キュンするロマンスにお見せするという僕の約束が、少しでも守られたことを願います。」と話した。
チョン・イルは「一緒に苦労してくれた監督、作家先生、そしてスタッフ、仲間の俳優陣、皆さんに感謝します。 毎回作品をする度に、本当に多くをを学ぶようですが、今回の作品は特に、さらに意味深い作品として記憶されそうです。 カン・ジウンは消えても、チョン・イルはいつものように、この場に一つも違うものなく、皆さんのそばにいます。 だから”消えろ! 僕の心の中に”」と、『シン4騎』の終映感想を終えた。

ウン・ハウォン役のパク・ソダムも、同日、自身のインスタグラムに「本当に最後がやって来ましたね。 今年初め、ハウォンのエネルギーに惹かれ、そのエネルギーが私に必要だったし、そんなハウォンを強く抱きしめてあげたかったけど、いつのまにか本当に最後。たくさん学んで、多くを共に分けあった作品だから、楽しくて幸せでした。すべてのスタッフ、俳優の皆さん、本当に本当にお疲れ様でした。 感謝してます。さようならウン・ハウォン!さようならシン4騎!じゃあね」と明らかにした。

パク・ヘジを演じたソン・ナウンは、自身のインスタグラムに「これまで『シンデレラと4人の騎士』を愛してくださりありがとうございました! 大切な思い出になりそうです。 監督、作家先生、スタッフの方々、先輩方、お疲れ様でした~ありがとうございます。 パク・ヘジさようなら」という文章と、数枚の写真を掲載して、『シン4騎』終映に残念な気持ちを示した。

最後に、カン・ヒョンミン役を演じたアン・ジェヒョンも、自身のインスタグラムに「愛してくださりありがとうございました。 皆さんお疲れ様でした。 おやすみなさい」という、『シン4騎』終映感想と共に、ゆっくり休憩をとっている写真を公開した。

一方、『シン4騎』はこの日、16話を最後に終映した。 後続ではチョ・ジヌン、ソ・ガンジュン、イ・グァンス、パク・ジョンミン、イ・ドンヒ主演の『アントラージュ』が放送される。

毎度のことですが、最後の撮影現場でのイル君の表情、やりきった感があって清々しいです^^

コメント:Leave a reply

タイトルとURLをコピーしました