[あらすじ]tvN『シンデレラと4人の騎士』第15話あらすじ (2016.9.30 放送)

シンデレラと4人の騎士<ナイト>

9/24に放送された、tvN『シンデレラと4人の騎士』第15話あらすじです。
ドラマ内容がネタバレしているメディア記事をまとめました。

尚、動画はこちらにまとめています。
[動画]tvN『シンデレラと4人の騎士』第15話 (2016.9.30 放送)

『シン4騎』チョン・イル・パク・ソダム、悲しく涙を誘うカップルの結末は?
OSEN|2016.10.01午前9:02]
161001_osen

『シン4騎』で、チョン・イルとパク・ソダムの愛は、果たしてハッピーエンドを迎えることができるだろうか。 放送終了まで、たった1話だけ残った、『シンデレラと4人の騎士』が、男女主人公チョン・イルとパク・ソダムの予測不可能ロマンスを披露しながら、最後まで緊張の紐を緩めさせないでいる。

祖父に肝臓移植をすると決心したチョン・イルが、手術中に間違いがあるかもしれないという、大きなリスクと負担を抱いて手術に乗り出す中、手術後に去らなければならないパク・ソダムの姿がオーバーラップし、彼らの愛はどんな結末を結ぶのか、気がかりが最高値に引き上げられた。

家族愛の大切さを呼び覚ます、大人のためのヒーリング童話のようなストーリーに、強い中毒性を巻き起こし、視聴者から愛されてきた『シン4騎』が、最終回を残した状態で、結末に関して、気がかりが最高潮に達した。

先月30日夜に放送されたtvN花金花土スペシャル『シンデレラと4人の騎士』第15話で、祖父であるカン会長(キム・ヨンゴン)への肝臓移植手術を控えているジウン(チョン・イル)と、手術が終われば、彼のそばを離れなければならないハウォン(パク・ソダム)の最後のデートシーンが描かれた。

肝臓移植のための適合性有無の検査を受けたジウンは、医師から自分が肝臓移植の供与者に適しているとの判定が出たと聞くが、すぐに失意に陥った。 手術はできるが、麻酔薬に対するアレルギー反応を持っており、全身麻酔の後、危険な状態に陥りかねない。最悪の場合、目が覚めないことができるという医師の所見が付いたためだ。祖父を助けるため、危険を冒して手術に乗り出すことを決心したジウンは、ハウォンにこの事を隠した。

カン会長が倒れる直前、ジウンとの秘密恋愛がばれたハウォンは、ハヌル家を出て行くという約束をすでにした状態。しかし、カン会長の生命が危急な状況が続いて、肝臓移植の供与者を急いで探さなければならない中、ジウンを説得して適合性検査を受けさせ、手術が終わるまで彼のそばにいることを決心した。

手術中、誤って永遠に目覚めることができないかもしれないジウンと、ジウンの手術が終わった後、すぐに彼のそばを離れているつもりのハウォン。愛しているから、真実を努めて隠し、お互いに笑顔を見せる青春男女の切ない愛が、お茶の間の視聴者に強い感興と余韻を残した。

手術前夜、ジウンはハウォンに「あんたとやりたいことがたくさんある」と言って、デートを提案し、彼の望み通り、二人は公園を散歩して、映画を観て、屋台でトッポキも食べた。 夜遅く車が往来する道路を隔てて、ハウォンはジウンに小さな声で「手術が終わって、私がいなくても驚かないで」と言って、続いて悲しい表情を抑えて、大声で「愛してる」と叫んだ。

道を渡ってハウォンの元に駆けつけたジウンは、彼女を腕に抱いて、二人は最後になるかもしれないキスを交わした。 祖父であるカン会長の解任議案が取り上げられ、ハヌルグループの臨時株主総会が開かれる日の翌日、ついに手術は始まって、急に発生した緊急状況に、医療スタッフが、追加で手術室に急いで走っている場面が描かれ、ドラマは最終回への気がかりを増幅させた。


『シン4騎』チョン・イル、離れようとするパク・ソダムを捕まえて「離れるな」
エックスポーツ|2016.09.30午後11:17
160930_xsports_2

『シンデレラと4人の騎士』で、チョン・イルがパク・ソダムを捕まえた。

30日に放送されたtvN『シンデレラと4人の騎士』(以下『シン4騎』)第15話で、カン・ジウン(チョン・イル)が、ウン・ハウォン(パク・ソダム)の手に引かれて、カン会長(キム・ヨンゴン)の病院を訪れた。

この日、ウン・ハウォンはカン・ジウンが病院に現れると、自分の仕事は全て終わったと、背を向けた。 すると、カン・ジウンは「俺の誤解を解くよ。あんたも俺のそばにいたくないのか。 俺はあんたのこと分かってる」と口を開いた。

これにウン・ハウォンは「これ以上、話すことはないから行って」と、彼を無視した。 しかし、カン・ジウンは気にせず、「悪かった。あの日、あんたをそうやって見送って。 あの日、言われた言葉は一つも信じない。そばにいる理由はなんでも構わない。行くな」と、ウン・ハウォンを捕まえた。

さらに、彼はウン・ハウォンを抱きしめた後「どうなってもいいから行くな。 ただ俺のそばにいてくれ」と、彼女を捕まえた。


『シンデレラと4人の騎士』アン・ジェヒョン♥ソン・ナウン、恋の駆け引きを終え’切ないキス’
ニュース1|2016.10.01午前10:17
161001_news1

『シン4騎』のアン・ジェヒョンとソン・ナウンが、二人の間を引き離した障害をついに克服して、切ないキスでお互いの愛を確認した。

先月30日夜に放送されたtvNのドラマ『シンデレラと4人の騎士』第15話で、ヒョンミン(アン・ジェヒョン)は、幼い頃のトラウマから脱し、ヘジ(ソン・ナウン)に率直な愛の感情を告白した。

有名ファッションデザイナーから、ファッション学校の奨学生として推薦してあげるという提案を受け、喜んでいたヘジは、偶然、インターネットサイトで、彼がヒョンミンと一緒に撮った写真を見た。 急いでデザイナーを訪ねたヘジは、彼がヒョンミンに依頼され、自分にそのような提案をしたことを知り、「ヒョンミンが頼んだせいなら、私はごめんだ。 ヒョンミンに会ったら、私にこんな風に良くしてくれる必要はないと伝えてほしい」ときっぱり断った。

しかし、彼はヘジのデザイン感覚を見て決定したと話し、ヒョンミンの依頼に対しては「当然のことだ。好きな女性を応援してサポートすることの何がおかしいのか」と率直に話した。 その言葉を聞いたヘジは、これまでヒョンミンが、こっそり裏で自分を助けてくれたことを思い出し、回想に浸った。

ヒョンミンは、これに先立ち、ヘジに、幼い時、ヘジの兄であるジョンヒョンと一緒に、水鉄砲遊びをして、ジョンヒョンがひき逃げ交通事故に遭う場面を目撃したが、恐くなり逃げた事実を打ち明けて、彼への罪責感のため、ヘジの想いを必死に知らん振りして、彼女を突き放していた事実を告白した。

ヒョンミンは、ヘジから大切な兄を守ってあげることができず、それにより、ヘジを不幸にさせたと感じてに苦しんだ。 それで、彼女を突き放し、心を固く閉ざしたのだ。 ヘジは、そんなヒョンミンの想いを理解し、「それはあなたのせいじゃない」と慰めた。 ヒョンミンはヘジの言葉に勇気を得て、ヘジから、最初から逃げるべきではなかったと言って、これからは、彼女をきちんと守ると約束し、ヘジに近づきキスをした。


『シン4騎』アン・ジェヒョン、チェ・ミンの胸ぐらを掴み「金がそんなに好きか」
エックスポーツ|2016.09.30午後11:38
160930_xsports

『シンデレラと4人の騎士』で、アン・ジェヒョンがチェ・ミンの胸ぐらを掴んだ。

30日に放送されたtvN『シンデレラと4人の騎士』(以下『シン4騎』)第15話で、カン・ヒョンミン(アン・ジェヒョン)が、チ・ファジャ(キム・ヘリ)が、カン会長(キム・ヨンゴン)を解任させようとしているとことを知った。

この日、カン会長の解任のための臨時株主総会の知らされたカン・ヒョンミン、イ・ユンソン(チェ・ミン)を訪ね、「その女がおじいさんの解任案を準備していたこと、知っていたのか」と問い詰めた。

さらに、彼は「おじいさんが倒れた時、あの女とおじいさんが一緒にいたのも確かみたいだ。 どうして嘘をついたんだ。金がそんなに好きなのか。 そこで株をもらって、その女の手先になっているのか。 どうやって、おじいさんを解任しようとしているのか」と言って、イ・ユンソンの胸ぐらを掴んだ。

これにイ・ユンソンは「それじゃ、守り抜け。 この座を狙っている者がどれほど多いか。 この座は奪おうと思えば、いくらでも奪える。 この座を守ることもできないハヌルグループの後継者だと? 君は、それだけでも資格剥奪だ」と警告した。


チョン・イル♡パク・ソダム、病室の中に広がるむずがゆい愛のささやき
enews24|2016.10.01午前12:18

あんたが俺のそばにいるだろ

30日に放送されたtvN金土ドラマ『シンデレラと4人の騎士』では、お互いの想いを再確認するハウォン(パク・ソダム)とジウン(チョン・イルの姿が描かれた。

カン会長(キム・ヨンゴン)の、肝臓移植手術を控えているジウン。ジウンは、麻酔アレルギーがある状況でも手術を強行して、手術の1日前ハウォンと一緒に入院部屋で会話した。

ジウンは「もし明日手術が失敗したらどうする?」と冗談を装った質問を投げ、ハウォンは「何言ってるの? そんなことないから、もう言わないで」と、ジウンに怒った。

ハウォンのそんな姿に「俺は何も怖くない。あんたが俺のそばにいるだろ」と甘い言葉でジウンを慰めながら、楽しく会話をつないでいった。

ラブラブな2人なのに…お互い、重要な秘密を隠しながらのデートでしたね。

コメント:Leave a reply

タイトルとURLをコピーしました