[あらすじ]tvN『シンデレラと4人の騎士』第4話あらすじ (2016.8.20 放送)

シンデレラと4人の騎士<ナイト>

8/20に放送された、tvN『シンデレラと4人の騎士』第4話あらすじです。
ドラマ内容がネタバレしているメディア記事をまとめました。

尚、動画はこちらにまとめています。
[動画]tvN『シンデレラと4人の騎士』第4話 (2016.8.20 放送)

『シン4騎』チョン・イル-アン・ジェヒョン、パク・ソダム争奪戦’青春3角ロマンス’勃発
スポーツ朝鮮|2016.08.21午前9:17
160821_sportschosun

一人の女性を置いて繰り広げられる、二人の男の’恋の駆け引き’が始まった。 本能的にオスのあとに引けないプライド対決が興味深く展開されることが予想され、女心をめらめらと燃えあがらせている。

中毒性の強いストーリーで、毎回、次回へ興味を呼び起こしている『シンデレラと4人の騎士』で、チョン・イルとアン・ジェヒョンが、パク・ソダムを間に置いて、鋭い神経戦を繰り広げる姿を描いて、お茶の間の視聴者の眠っている恋愛細胞をしっかり刺激した。

20日夜に放送されたtvN花金花土スペシャル『シンデレラと4人の騎士』(以下『シン4騎』)第4話で、統制不能な財閥3世、カン・ジウン(チョン・イル扮)-ヒョンミン(アン・ジェヒョン扮)-ソウ(イ・ジョンシン扮)三兄弟を、家族として結びつけるための最初のミッションである’全員一緒にご飯を食べる’を成功させるため、ウン・ハウォン(パク・ソダム扮)の涙ぐましい孤軍奮闘が描かれた。

この日の放送で、ハウォンを間に、男二人でジウンとヒョンミンが激しい神経戦を行う姿を提供し、強力な三角ロマンスの新たな一軸を描き出した。

まず、ハウォンはロボット秘書ユンソン(チェ・ミン扮)と幻想のパートナーに’メンタル崩壊誘導’、’ネタ提供’、’胸キュン誘発’など、色々と奇想天外な方法を動員し、’三兄弟全員で一緒にご飯を食べよう大作戦’を繰り広げた。 しかし、三兄弟を一堂に集めようとするハウォンの試みはその都度失敗に終わった。 三兄弟の結び付けは難しかったが、ジウン-ヒョンミン-ソウは、それぞれハヌル家の生活に次第に適応していくハウォンと、少しずつ近づいていった。

それでも、青春男女の恋愛事業はずっとこじれていた。 一人の女性のために、もう一つの女性を置いて、ジウン-ヒョンミンの2兄弟が転じられない川を渡り、彼らの絡み合った複雑な愛の方程式は、さらに解決が難しくなった。

長い間、ヒョンミンだけを見つけるヘジ(ソン・ナウン扮)が、ヒョンミンとハウォンの関係を嫉妬し始め、ヒョンミン-ハウォン-ジウン-ヘジの四角ロマンスが、新たに三角ロマンスから、より強力に移った。 ヘジはジウンに「ヒョンミンの隣にあの子がいなければいい」と述べ、ヘジが泣く度にそばを守っていたジウンは、そんな彼女のために結局、ヒョンミンを刺激した。

あからさまに表現しなかったものの、ジウンはヘジに対して、格別な感情を持っていることが明らかになった。 愛情なのかどうか、はっきりはしなかったが、彼がハヌル家に初めて来た時、彼を気にかけてくれた人がヘジという事実が明らかになっており、傷ついた魂のジウンに、ヘジは家族のような唯一の人物だということが判明した。 しかし、ヘジは惜しくも、ジウンとは家族であり、ともすれば、歩き回る彼を無視して見下す犬猿の仲同然の従兄弟、ヒョンミンだけを見つめて、彼を悲しませている。

事は、そのハヌル家の中庭で起こった。 1時間後に、中庭に集まれというハウォンのメッセージに、ロボット秘書ユンソンとソウは、ハウォンの誕生日パーティーを準備していた。ハウォンが登場すると、彼らはびっくり誕生日パーティーのために身を隠した。

ハウォンが登場した途端、ジウンはわざとヒョンミンに見せつけるかのように、ハヌル家でハウォンにバックハグをし、その場面を目撃して、表情が固まったヒョンミンに向かって、残忍な目で「お前の婚約者、俺が奪ってみよう」と宣戦布告をした。ヘジを傷つけるヒョンミンに怒ったジウンが、彼との正面勝負繰り広げるため、ハウォンを利用したわけだ。ジウンの言葉に理性を失ったヒョンミンは、ハウォンから支援をふりきって、ジウンの胸ぐらをつかみ、稲妻のような拳を振り回し、彼らの火花の青春三角ロマンスの開始を知らせた。文句を言いながらも、それとなくハウォンを気遣い、彼女が気になり始めたジウンとヒョンミンが、これから一人の女性を置いて繰り広げるであろう、予測できない愛の争奪戦の序幕は、視聴者の無限胸キュン誘発を呼び起こした。

何より、このような戦争を勃発させたジウンとヘジに対して、ヒョンミンの本心がどうなのか、関心が集まっており、二十歳の若い男女の胸キュン誘発ロマンスの結果がどうなるか、成り行きが注目される。 また、一週間以内に、三兄弟一緒にご飯を食べるミッションを遂行しなければならないハウォンは、ミッションをクリアできるかも関心が高まっている。

特に、すでにオンラインを直撃している『シン4騎』の高い話題性とともに、土曜日の視聴率も上昇した。 『シン4騎』第4話平均視聴率は2.8%、最高視聴率3.3%の視聴率を記録した。(ニールセン・コリア有料プラットフォーム世帯基準)


『シン4騎』チョン・イル、ソン・ナウンにストレートな告白「行くな」
OSEN2016.08.20午後11:17
160820_osen

『シン4騎』チョン・イルが、アン・ジェヒョンだけを見つめて好きなソン・ナウンを防いだ。

20日に放送されたtvN金土ドラマ『シンデレラと4人の騎士』で、カン・ジウン(チョン・イル扮)は、パク・ヘジ(ソン・ナウン扮)に心を表現した。

この日、ジウンはカン・ヒョンミン(アン・ジェヒョン扮)に会いに行くというヘジに「絶対カン・ヒョンミンに会わなければいけないのか」、「今、状態が良くない、行くな」ときっぱり言った。 これに、ヘジも彼の言葉に従った。


[アゲインTV]『シンデレラと4人の騎士』チョン・イル、一貫して気難しい’かぼちゃ男’
※かぼちゃ…決心や態度などが断固として変わらないの意
ヘラルドPOP|2016.08.21午前7:10
160821_heraldpop

パク・ソダムに向けた、チョン・イルの終始一貫して気難しい姿が目を引く。

去る20日放映されたtvN金土ドラマ『シンデレラと4人の騎士』第4話で、終始一貫した姿のハヌル家、最高の’気難しい男’カン・ジウン(チョン・イル)の姿が続いた。片思いしているパク・ヘジ(ソン・ナウン)以外の、ほとんどの人々に気難しい性格を明らかにするジウンが、特に気難しく接する相手は、ウン・ハウォン(パク・ソダム)である。カン・ヒョンミン(アン・ジェヒョン)の婚約者として登場し、ヘジを傷つけると、それによって、ハヌルグループカン会長(キム・ヨンゴン)の目にとまり、ハヌル家にまで入ってきたハウォンの存在は、彼の気持ちを不快にした。

しかし、ハウォンは自分にまったく答えず、更には5文字を超えない短答式の反応を見ても、ジウンを恐れない。ハヌル家に住み、ミッションを実行するという、燃えるような意欲で自分に追いつき、家族に縛られる気持ちが全くない自分にまで、とんでもない家族愛を強要する、その不便さはてっぺんに達している。しかし、何よりもヘジを傷つける存在であることが、ジウンにとってハウォンが最も気に入らないところである。

今回の放送でも、無理に準備された食事をさせようとするハウォンに喧嘩をしようと、面と向かって「消えろ」という言葉を投げつける。また、高価な服を着てレストランに来た彼女を見るなり、「カン・ヒョンミンが買ってくれた服を着て、高価なご飯食べるから、嬉しいか」と皮肉る。続いて「その程度なら、俺もしてあげられるみたいだけど」という怪しげな言葉を付け加える。単に4回に過ぎないが、「消えろ」という言葉を口ぐせに生きるジウンと、これに平気なハウォンの妙な相性が笑いを誘う。このように、特別にハウォンへ敵意を表わしたジウンは、ヘジを傷つけるヒョンミンを打ちのめすための妙案を行動に移す。ヒョンミンから彼女を奪おうとしたのだ。果たしてハウォンがジウンに心を許すか、ジウンが彼女に対する敵意を、いずれかの時点で解くのか、視聴者の関心が集まっている。


『シンデレラと4人の騎士』アン・ジェヒョン、パク・ソダムとキス失敗「勝負欲を刺激した」
京仁日報|2016-08-21 00:10:40
160821_kyeongin

『シンデレラと4人の騎士』で、アン・ジェヒョンがパク・ソダムにキスをしようとしたが、失敗した。

20日に放送されたtvN金土ドラマ『シンデレラと4人の騎士』で、カン・ヒョンミン(アン・ジェヒョン)がウン・ハウォン(パク・ソダム)に対する好感を表す姿が描かれた。

この日、カン・ヒョンミンの部屋へ、朝からウン・ハウォンが訪れた。 しかし、ウン・ハウォンはカン・ヒョンミンを起こすめ、彼の部屋に乱入し、カン・ヒョンミンは、ウン・ハウォンとキスに成功できず夢から覚めた。

カン会長(キム・ヨンゴン)から、三兄弟を一緒に食事させるよう、ミッションを受けたウン・ハウォンは、カン・ヒョンミンに、一緒に朝食を食べようと提案した。

カン・ヒョンミンは「家でご飯を食べない」と拒否し、ウン・ハウォンは「これからは食べるようにする」と、カン・ヒョンミンを刺激した。

ウン・ハウォンが去った後、カン・ヒョンミンは昨夜のことを思い出した。 当時、ウン・ハウォンはキスをしようとするカン・ヒョンミンを足で蹴って席を立ち、、カン・ヒョンミンは、ウン・ハウォンの行動を思い出しながら「勝負欲を刺激したんだよ」と独り言を言った。


『シン4騎』パク・ソダム、三兄弟一緒にご飯を食べるミッション相次いで失敗’不機嫌’
TVレポート|2016.08.20午後11:48
160820_tvreport (2)

『シンデレラと4人の騎士』で、パク・ソダムがハヌル家の男たちとご飯を食べるミッションに失敗した。

20日に放送されたtvN金土ドラマ『シンデレラと4人の騎士』第4話で、ウン・ハウォン(パク・ソダム)が最初のミッションを成功させるために努力する姿が描かれた。

ハウォンは、冷気が漂う従兄弟たちを集めて、一緒にご飯を食べさせるというミッションを与えられた。 しかし、男たちは手強かった。 それぞれ、異なる理由で拒否したのだ。

こうして、リビングに座ってラーメンを作り、肉を焼き始めたハウォン。三兄弟は何かに取り付かれたように、リビングに集まってきた。

しかし、カン・ソウ(イ・ジョンシン)は、明日撮影だと、「この悪魔たち」と怒鳴り返した後、去り、羊肉を食い入るように眺めていたカン・ヒョンミン(アン・ジェヒョン)も、沈鬱な表情で振り返った。

カン・ジウン(チョン・イル)の目の前までサム(葉野菜等で豚肉その他の具材を包んだ韓国料理のこと)を突きつけたハウォン。サムを食べるかのように見えたジウンは、辛うじて正気に返り、「消えろ」と言って笑いを誘った。

果たして、『シンデレラと4人の騎士』の三人の男がハウォンによって、親しくなれるのか気がかりを抱かせた。


『シンデレラと4人の騎士』チョン・ヨンジュ、パク・ソダムのミッション遂行を助けた’三兄弟の性格改造プロジェクト’
アジアトゥデイ|2016.08.21.09:02
160821_asiatoday

『シンデレラと4人の騎士』で、俳優チョン・ヨンジュがハヌル家のポルギョ宅として登場し、パク・ソダムを助けた。

この21日に放送されたtvN花金花土スペシャル『シンデレラと4人の騎士』第4話で、ハウォン(パク・ソダム)が、カン会長(キム・ヨンゴン)から与えられた最初のミッションである’三兄弟全員一緒にご飯を食べる大作戦’を随行する姿が描かれた。

この日、ポルギョ宅(チョン・ヨンジュ)は、ハウォンに三兄弟の好きな食べ物を教えてあげた。 いわゆる’ネタ提供’、好きな食べ物で三兄弟を誘惑しようとした作戦に失敗したハウォンが、いっぱいたまった皿を洗っていると、ポルギョ宅は、不慣れな標準語で「お嬢さんはハヌル家のお客さんで! 私共はハヌル家の職員です」と引き止められた。 すると、ハウォンは「人がいて、ハヌル家があるのでしょう、ハヌル家があって、人がいるのですか。 どうか気楽に接してください、ね? じゃあ、これは私がします」と皿洗いを引き受けた。

結局、一緒に皿洗いを終えた後、作戦に失敗したというハウォンの言葉に、ポルギョ宅は「ヒョンミン(アン・ジェヒョン)坊ちゃんは、幼い時から一人で食べる癖あり、誰と一緒にご飯を食べるのは。父が亡くなって、母は外に出てばかりで気にかけなかったみたいだ。 十歳の時、会長が外国留学に送ってしまった。 じっくり考えてみると、胸が痛むね」と不憫がった。

ハウォンが他の兄弟たちについても聞くと、ポルギョ宅は「ソウ(イ・ジョンシン)坊ちゃんは、顔を売って、金を稼いでいるから、イメージ管理のために、胃の中に何か入れることが好きじゃない。心臓を強くしてこそ、声がぱっとよくなるのに」と話した。

さらに、「ジウン(チョン・イル)坊ちゃんは、家に居着いている姿を見ることができない。 久しぶりに家に帰ってきても、部屋にいて、顔を見ることができない。 どうも、この家に適応できていないようだ。 会長の血筋であることを知って、一年もたたないが、簡単ではないのだろう、適応することが」と言って、三兄弟が食事を拒否することについて説明を受けた。

今後も、俳優チョン・ヨンジュはポルギョ宅として、単身孤独、ハヌル家に来ることになったハウォンに、人情あふれる姿を現す一方、ハウォンの任務である、傍若無人な三兄弟の人格改造プロジェクトについて、糸口を提供してくれる役割になるものと期待される。


『シン4騎』イ・ジョンシン、パク・ソダムの’あしなが友達’に就任(feat.ロボット秘書チェ・ミン)
10asia|2016.08.21午前11:06
160821_10asia

『シン4騎』で、イ・ジョンシンがアーティスト的感性と共に、柔らかなマナーでお茶の間の女心を溶かしている。

去る20日に放送されたtvNスペシャル『シンデレラと4人の騎士』第4話で、統制不能財閥世カン・ジウン(チョン・イル)-ヒョンミン(アン・ジェヒョン)-ソウ(イ・ジョンシン)三兄弟を、一つの家族に結びつけるための最初のミッションである’全員一緒にご飯を食べる’を成功させるための、ウン・ハウォン(パク・ソダム)の孤軍奮闘が描かれた。

ソウは、ハヌル家に暮らしながらハウォンに冷たい行動をとったり、とんでもないいたずらをする、従兄弟ジウン-ヒョンミンと違い、ハウォンに親しみを持って世話をする優しい面を持っている。全員一緒にご飯を食べるミッションのために孤軍奮闘するハウォンが、自身の車にそっと差し入れたバナナ牛乳を見たソウ。 撮影の日は水もあまり飲まないという彼が、笑みを浮かべてバナナ牛乳を飲み、そうした彼の姿は視聴者を笑顔にした。

放送の最後の方で、ハウォンの誕生日を知ったソウは、ハヌル家の’ロボット秘書’ユンソン(チェ・ミン)と一緒に、彼女の誕生日パーティーを準備した。 ユンソンにハウォンの誕生日を知らせ、「家から追い出されるし、面倒を見てくれる人もなく、一人で寂しいよ。 家族から連絡も来ないみたいです」と語る姿から、温かさと多情多感さがにじみ出た。

音楽作業をしてはやめて、ハウォンに向けて微笑みを放つシーンも目立った。 ソウはハウォンにとってだけは’あしながおじさん’のような存在であり、今後どのような純愛を見せてくれるか、期待感を高めている。


[決定的なフレーズ]『シン4騎』ソン・ナウン「パク・ソダムがいなければいいのに」嫉妬爆発
Newsen|2016-08-21 06:29:58
160821_newsen

ソン・ナウンが、恋敵パク・ソダムに嫉妬爆発した。

8月20日に放送されたtvN金土ドラマ『シンデレラと4人の騎士』第4話で、パク・ヘジ(ソン・ナウン)が、ウン・ハウォン(パク・ソダム)に嫉妬した。

カン・ジウン(チョン・イル)は、片思いするパク・ヘジと一緒に食事に行き、そこに偶然カン・ヒョンミン(アン・ジェヒョン)とウン・ハウォンが現れ、同席した。 カン・ヒョンミンは、パク・ヘジにこれ見よがしにウン・ハウォンを気遣い、パク・ヘジはこらえきれず席を立った。

そんなパク・ヘジを追いかけたカン・ジウンは「しっかりしろ、一体どうしてこうなるんだ?」とパク・ヘジを捕まえ、パクヘジは「私にどうしろと?」と絶望した。

さらに、カン・ジウンが「友達として言うが、こうしたらお前だけ傷つく。あの子の前で言葉も発せず、一人でどうしてこんな」と慰めると、パク・ヘジは「私の願いは大したことじゃない。 ヒョンミンの隣にあの子がなかったらいいのに」と答えた。

これまで、カン・ヒョンミンの偽の婚約者になったウン・ハウォンをを警戒していたパク・ヘジが、日増しにさらに親密になるカン・ヒョンミンとウン・ハウォンの姿に嫉妬爆発し、パク・ヘジが今後どのように変わるのか、気がかりだ。


『シン4騎』アン・ジェヒョン、パク・ソダムにしきりに惹かれる心[総合]
TVレポート|2016.08.21午前12:15
160821_tvreport

『シンデレラと4人の騎士』で、アン・ジェヒョンがしきりにパク・ソダムを気遣った。 アン・ジェヒョンを好きなソン・ナウンは、憂うつな表情を隠せなかった。

20日に放送されたtvN金土ドラマ『シンデレラと4人の騎士』第4話で、カン・ヒョンミン(アン・ジェヒョン)が、ウン・ハウォン(パク・ソダム)とキスする夢を見る姿が描かれた。

夢から覚めたヒョンミンは動揺し、朝食の席では冗談を言ってハウォンの手を密かにとろうとして笑いを誘った。

また、他の女とデートしながらも、ハウォンのことを思い出した。 彼は彼女に、なぜご飯をそんなにまずそうに食べるのかと非難し、拳の使い方を知っているかと、自分を殴ってみるよう言った。 さらに、「もう面白くない。これで別れよう」と、席を立った。

続いて、ヒョンミンはハウォンのミッションを助けるという言い訳で、ハウォンを呼び出した。 ヒョンミンはハウォンにブランド品の服を買ってあげ、素敵なレストランに連れて行った。 しかし、そこでパク・ヘジ(ソン・ナウン)、カン・ジウン(チョン・イル)と出くわした。

ヘジは、ヒョンミンがハウォンを気遣ってあげると、顔の表情をこわばらせ、ヒョンミンに「他の女性とは違うの?」と尋ねた。 これにヒョンミンは「見て分からない?」と素っ気なかった。 ヘジは席を立ち、ジウンは追いかけた。

以降、ヒョンミンはハウォンにどうせミッションに失敗したので、追い出されるのは目に見えていると言って、家まで調べてあげた。 ヒョンミンは「服を買ってあげて、追いだされるかもしれないから、家も買ってあげて」と冗談を言ったが、ハウォンは彼の腕を折り曲げて、笑いを誘った。

ハウォンに関心を示すヒョンミン、ヘジに片思いするジウン。ヒョンミンのせいで傷ついたヘジ。 『シンデレラと4人の騎士』のロマンスがどのような方向に流れるか後に展開に期待を集めた。

第4話にして、三兄弟のハウォンに対する接し方が明らかに違ってきましたね。

コメント:Leave a reply

タイトルとURLをコピーしました