[記事]チョン・イル、日本ファンミーティングでワカメスープ500人分作る’並外れたファンバカ’

イベント

先日、日本で行われたBBQパーティーのことが、韓国メディアで一斉に報道されました。

チョン・イル、日本ファンミーティングでワカメスープ500人分作る’並外れたファンバカ’
韓国経済TV|2015.09.16.14:30

俳優チョン・イルが日本のファンとBBQパーティーファンミーティングを盛況のうちに終えた。

去る13日、チョン・イルは日本・東京にあるキャンプ場で500人余りのファンたちと誕生日を記念するファンミーティングを進行した。 今回の日本ファンミーティングはファンたちと一緒にBBQパーティーをする特別なコンセプトで進め、さらに意味深いし、楽しい時間を過ごした。

チョン・イルはBBQパーティーに合うお膳立てを悩んでいたが、誕生日を記念するファンミーティングであるだけに、日本のファンに韓食の優秀性と誕生日の日にわかめスープを食べる習慣を紹介した。 特に母方の祖母に直接伝授された特製わかめスープを用意して現場を感動させた。 最も先にキャンピング場に到着して肉を炒めたり、ワカメを戻したり、スープの味を調整するなど約500人分のわかめスープを自ら作った。

チョン・イルは自ら煮込んだわかめスープをファンに振る舞い、「幼い頃から母が誕生日になると、わかめスープを作ってくれましたが、ある瞬間から、(自分が)忙しいという言い訳で母にわかめスープを作ってもらうチャンスがなかった。ファンの皆さんの、いつも陰で黙々と応援してくれる心が、まるで母の心のように感じられたので、今日その感謝の心を込めて作った」と付け加えた。

それだけでなく、チョン・イルは韓国の伝統菓子である韓菓までデザートでセンスよく準備し、完璧な韓国料理の伝道師に変身した。 このようなチョン・イルの努力に報いるように、日本のファンも初めて接する食べ物であるにもかかわらず、味と真心に満足しながら一杯をあっという間に空にしたという話だ。

さらに、チョン・イルは美味しいバーベキューとともに、ファンの皆さんとお互いに思い出を残せるツーショット写真を撮ったり、テーブルごとに回りながら肉もとり分けて食べて、ファン一人一人と目を合わせて対話するなど、楽しい会話を交わす穏やかな雰囲気のファンミーティングでファンを楽しませた。

同日、ファンミーティングはチョン・イルとファンのハイタッチ会も行われた。 イベントを終えたチョン・イルは「ご飯を一緒に召し上がるとそれだけ仲がもっと近づくようだ。 今日皆さんと一歩さらに近づいたのではないかと思う。 一日も早くまた会えるように努力する」と感想を伝えた。

一方、チョン・イルは最近、韓中合作ウェブドラマ『ステキな片想い』撮影終了後、現在新しい作品を控えている。

わかめスープ、行かれた方の話によると、しっかりとした味付けだったそうですね^^
イル君、何時から準備していたのでしょうね?
そのおもてなしの心が嬉しいですよね^^

でもイル君…
私は一日も早く、新しい作品であなたにお会いしたいです>.<

コメント:Leave a reply

  1. 智恵子 より:

    本当に美味しかったです。私は、もったいなく家まで持ち帰りたかったです。イル君のファンへの、思い優しさ、しっかりいただきました。エプロン姿のイル君素敵過ぎて涙です。暑かったのに疲れているのに…本当に素晴らしい方です。ますます大好きになりました。計画してくださったスタッフの皆様ありがとうございました!!

    • Chika より:

      智恵子さん★もったいないって気持ち、分かります!でも美味しいうちにいただけてよかったですね^^
      イル君のエプロン姿、素敵ですよね❥イル君、昔からファンへの気配りが素晴らしい方でした。
      ハイタッチ会も急遽イル君の提案で行われたと聞きましたので、相当ご機嫌だったんじゃないでしょうか^^
      これからも、一緒に応援していきましょう♪

      ※お名前ですが、フルネームでしたので、念のため、こちらで修正致しました。
      問題ないようでしたら戻しますので、お知らせくださいませ^^

タイトルとURLをコピーしました