[画像]チョン・イル、ブリティッシュコロンビアと出会う~カナダ旅行記 Day4

From.ILWOO

カナダBC州ウェブサイトにて紹介された、イル君のカナダ旅行記4日目です。
4日目の様子は、『One More Time #4日本語字幕版(ユーザー限定)』で放送されました。

ウィスラー(WHISTLER)

Day4  マウンテンバイク(Mountain Bike)
120217-one-more-time-photo-day4 (1)

120217-one-more-time-photo-day4 (2)

120217-one-more-time-photo-day4 (3)

120217-one-more-time-photo-day4 (4)

120217-one-more-time-photo-day4 (5)

120217-one-more-time-photo-day4 (6)

夏のウィスラー、マウンテンバイク

真夏に訪ねたウィスラー。ウィスラー..といえばスキー!!なんだけど…
できなくて残念だったものの、驚くべきことにスキー場が山岳バイクコースに変わっていた。
あ、これが真夏のウィスラー?

マウンテンバイクは初めてだから、安全にガイド同行初級コースを試みたのだけど、横でびゅうびゅう走る上級者フリーライダーから目が離せない! これもスリル中毒だというけれど..
必ずまたやってきて、デコボコ険しいコースはもちろん、ジャンプまでリリースするだろう!
冬のウィスラーがスキーなら、夏のウィスラーは断然山岳バイクだ。

Day4  ピーク2ピーク(Peak2Peak)
120217-one-more-time-photo-day4 (7)

120217-one-more-time-photo-day4 (8)

120217-one-more-time-photo-day4 (9)

120217-one-more-time-photo-day4 (10)

最~~高~!ピーク2ピーク

真夏のウィスラー山頂の真っ白な万年雪が目の前に繰り広げられた瞬間、最~高~!!と、自然と叫んだ。
涙がじぃ~んとにじむほど、眩しく白い。
両腕を広げて立っているあの子は、名付けてイラナーク。
2010年冬季オリンピックのエンブレムとかなんとか、詳しい説明はなくとも、その特別な気勢に、猫も杓子も記念撮影に列をつくる。
すでに20分程ゴンドラでここまで上がってきたけれど、向い側の山につながる終わりも見えないゴンドラはまた、何だろう?
多少田舎くさいが、峰から峰までという意味の“Peak 2 Peak”。
そのままふと見ても、途方もない距離なのに、そのゴンドラ ケーブルを支える柱は たったの4本という事実が驚くばかりだ。
ウィスラー山頂大自然の中でハイテクを見つける。

Day4  ジープ&ハマーツアー(Jeep And Hummer Tour)
120217-one-more-time-photo-day4 (11)

120217-one-more-time-photo-day4 (12)

120217-one-more-time-photo-day4 (13)

120217-one-more-time-photo-day4 (14)

タフガイ、オフロード ハマーツアー

これは初めからゆらゆらガタガタ、正常な感覚でないが..
その時のドライバーさんいわく、まだオフロードは始まってもいなかった?!
オフロード始まり~! 言葉どおりこれは道でない。
木の枝が顔を殴って、デコボコした岩がハンマーを持ち、世の中で一番クレイジーな遊具に違いない。
そんな悲鳴とともに、上り坂なのか下り坂なのかも分からない、道でもない道をどれくらい行ったのだろうか..
なるほど~! ウィスラー山の中腹で壮大な眺めが繰り広げられた。
ハマー運転は難しいですか?と尋ねる僕に、僕を気に入ったのか?とても快く運転席を渡して下さったドライバーさん、サンキュ。
こんなのが旅行の真の醍醐味。

マウンテンバイク、ゴンドラにハマー。
男性は興奮しちゃう内容ですね^^

コメント:Leave a reply

タイトルとURLをコピーしました