[画像]チョン・イル、ブリティッシュコロンビアと出会う~カナダ旅行記 Day3

From.ILWOO

カナダBC州ウェブサイトにて紹介された、イル君のカナダ旅行記3日目です。
3日目の様子は、『One More Time #3日本語字幕版(ユーザー限定)』で放送されました。

ウィスラー(WHISTLER)

Day3  ジープトラック エコ ツアー(Ziptrek Eco Tour)
120217-one-more-time-photo-day3 (1)

120217-one-more-time-photo-day3 (2)

ターザンになって、ジープトラック・エコ・ツアー

海から空まで sea to sky 海岸道路。
名前のように素敵なビューを満喫してウィスラーに向かった。
そしてウィスラージープトラック。
絶壁と絶壁間、木と木の間に設置されたケーブルに僕の体を任せたまま風を横切る。
きちんと座って乗ると、目の前に野生のウィスラー森と雄大壮厳な木、足下の谷が開かれて、ヤ~ッホ~と自然に出てきた。
逆にぶら下がって乗ったら、一面真っ青な空に目が眩しくて、逆に目をそっと閉じていたよ。
狂ったようにぞっとするスリルはないかも知れないが、ウィスラーに来たら必ず経験すべきことには違いない。

Day3  ウィスラーバンジー(Whistler Bungee)
120217-one-more-time-photo-day3 (3)

120217-one-more-time-photo-day3 (4)

120217-one-more-time-photo-day3 (5)

120217-one-more-time-photo-day3 (6)

スリー、ツー、ワン、ジャンプ!! ウィスラーバンジー

今回の旅行で僕が一番やってみたかったバンジージャンプ。
57mの高さだという話を聞いた時には、何だその程度かと思ったが、実際に上がってみると、あれこれ、安全装置は完璧なのかと、僕の安全は心配になり始めた。
絶壁の間を続く鉄製橋の上で見下ろした、こんこんと流れる岩渓谷だって…
それでも僕は嘘を少し加えて、全.然. 怖くない~!!
恐怖を喪失して、余裕ある微笑みまで作って飛び降りた僕は、まさにこの時代の勇者??^^

Day3  ウィスラービレッジ(Whistler Village)
120217-one-more-time-photo-day3 (7)

120217-one-more-time-photo-day3 (8)

ウィスラービレッジ

ウィスラーとブラッコム山の斜面の下に位置するウィスラービレッジには、本当にないものがない。
ホテル、レストラン、ショッピング、路上公演まで、あたかもよく整頓された映画セット場のよう。
のどかな午後、アイスクリームひとつ、口に含んで通り見物に出た。
ウィスラービレッジには出退勤に追われる人も、仕事にやつれて大変な表情もない。
ここでは皆が旅行者、この瞬間を楽しもうとする人々のおかげで、祭りのように 精一杯浮き立っている雰囲気が気に入った。

バンジージャンプ、一番の楽しみだったというだけのことはありましたね^^
アイスクリームが美味しそうだわぁ~♪

コメント:Leave a reply

タイトルとURLをコピーしました