[Cyworld]チョン・イル ミニホームページ (2010.07版)

Cyworld

イル君のミニホームページ(Cyworld)、2010年7月版です。

2010.07.02 [掲示板更新]

나는 배웠다 정일우   2010.07.02 22:45
僕は学んだ  チョン・イル

나는 배웠다. 
僕は学んだ。
다른 사람으로 하여금 나를 사랑하게 만들 수 없다는 것을.
他人をして僕を愛するようにさせられないということを。
내가 할 수 있는 일은 사랑받을 만한 사람이 되는 것뿐임을.
僕ができることは 愛されるに値する人になることだけであることを。
사랑은 사랑하는 사람의 선택에 달린 일
愛は愛する人の選択によること

나는 배웠다.  
僕は学んだ。
내가 아무리 마음을 쏟아 다른 사람을 돌보아도
僕がいくら心を注いで他人の面倒を見ても
그들은 때로 보답도 반응도 하지 않는다는 것을.
彼らは時に恩返しも反応もしないということを。
신뢰를 쌓는 데는 여러 해가 걸려도  
信頼を築くには長い年月がかかっても
무너지는 것은 한순간임을.  
崩れるのは一瞬であることを。

삶은 무엇을 손에 쥐고 있는가가 아니라
人生は何を手に握っているのかでなく
누가 곁에 있는가에 달려 있음을 나는 배웠다.
誰がそばにいるのかにかかっていると 僕は学んだ。
우리의 매력이라는 것은 15분을 넘지 못하고
僕らの魅力というものは15分を越えられず
그 다음은 서로를 알아가는 것이 더 중요함을.
その次はお互いを知っていくことがより重要であることを。

다른 사람의 최대치에 나를 비교하기보다는
他人の最大値に自分を比べるよりは
나 자신의 최대치에 나를 비교해야 함을 나는 배웠다.
自分自分の最大値に自身を比べなければならないことを 僕は学んだ。
삶은 무슨 사건이 일어나는가에 달린 것이 아니라
人生はどんな事件が起こるのかによるのではなく
일어난 사건에 어떻게 대처하는가에 달린 것임을.
起こった事件にどのように対処するのかによることを。

또 나는 배웠다.  
また 僕は学んだ。
무엇을 아무리 얇게 베어 낸다 해도  
何かをいくら薄く切り取ったとしても
거기에는 언제나 양면이 있다는 것을.
そこにはいつも両面があるということを。
그리고 내가 원하는 사람이 되는 데는 
そして自分が望む人になるには
오랜 시간이 걸린다는 것을.  
長い年月がかかるということを。

사랑하는 사람에게는 언제나  
愛する人にはいつも
사랑의 말을 남겨 놓아야 함을 나는 배웠다.
愛の言葉を残しておかなければならないことを 僕は学んだ。
어느 순간이 우리의 마지막 시간이 될지
どの瞬間が僕らの最後の時間になるのか
아는 사람은 아무도 없으므로.  
知る者は誰もないので。

두 사람이 서로 다툰다고 해서  
二人が互いに争うからといって
서로 사랑하지 않는 게 아님을 나는 배웠다.
互いに愛していないわけではないということを 僕は学んだ。
그리고 두 사람이 서로 다투지 않는다고 해서
そして二人が互いに争わないといっても
서로 사랑하는 게 아니라는 것도.  
愛し合っているのではないということも。
두 사람이 한 가지 사물을 바라보면서도  
二人が一つの物事を眺めながらも
보는 것은 완전히 다를 수 있음을.  
見ているものが全く違うこともあり得ることを。

나는 배웠다.  
僕は学んだ。
나에게도 분노할 권리는 있으나  
僕にも怒る権利はあるが
타인에 대해 몰인정하고 잔인하게 대할 권리는 없음을.
他人に対して情け知らずに残忍に接する権利はないことを。
내가 바라는 방식대로 나를 사랑해 주지 않는다 해서
僕が望む方式どおり僕を愛していないと言って
내 전부를 다해 사랑하지 않아도 좋다는 것이 아님을.
僕の全部を尽くして愛していなくてもいいということではないことを。

그리고 나는 배웠다.  
そして 僕は学んだ。
아무리 내 마음이 아프다 하더라도 이 세상은
いくら僕の心が痛んでも この世の中は
내 슬픔 때문에 운행을 중단하지 않는다는 것을.
僕の悲しみのために歩みを止めないということを。
타인의 마음에 상처를 주지 않는 것과  
他人の心を傷つけないことと
내가 믿는 것을 위해 내 입장을 분명히 하는 것.
僕が信じることのために自分の立場を明確にすること。
이 두가지를 엄격하게 구분하는 일이 얼마나 어려운가를.
この二つを厳格に区分することがいかに難しいかを。

나를 배웠다.  
僕を学んだ。
사랑하는 것과 사랑받는 것을.  
愛することと愛されることを。

多感なイル君。ヨンハさんの死を通じて、多くを感じたようですね。
“愛することと愛されること”
永遠のテーマですね。

Cy のBGM も、数日前からヨンハさんの曲が流れています。
初めて出逢った日のように – パク・ヨンハ:처음 그날처럼 – 박용하」 (cr.HANKOOK NORE)
ドラマ『オールイン』のテーマ曲ですね。
イントロ聴くだけで、ドラマの映像が浮かびます…名曲ですね。

コメント:Leave a reply

タイトルとURLをコピーしました