[打ち上げ]『お嬢さまをお願い!』打ち上げ (2009.10.9)

お嬢さまをお願い!

2009/10/9、ドラマ『お嬢さまをお願い!』の打ち上げが行われました。

[現場探訪]『お嬢さまをお願い!』打ち上げ(終映パーティー)、俳優を訪ねる
Y-STAR|2009-10-12 10:48:11

[youtube=http://youtu.be/W3cGQo-edvw]
Yoon Eun Hye 윤은혜- My Fair Lady 아가씨를 부탁해 Ystar news [Wrap Up Party] (cr.For Yoon Eun Hye)

[アンカーコメント]
去る9日、話題の中に幕を下したドラマ『お嬢さまをお願い!』。 主演俳優と共に終映パーティーをするとして訪ねてみました。 直接訪ねた『お嬢さまをお願い!』俳優陣と楽しさ満載の終映パーティー現場。今から一緒にご覧ください!

[レポート]
世の中で羨ましいことがないお嬢さまユン・ウネ。

[現場の音:ユン・ウネ]
「2NE1だと。 ウハハハハ」

知性や財力、外貌まで兼ね備えた男チョン・イル。

[現場の音:チョン・イル]
僕はクールですから。

明るくて堂々とした姿が愛らしい彼女ムン・チェウォン。

[現場の音:ムン・チェウォン]
「その女性に嫉妬して..」

そしてユン・サンヒョンが共にしたドラマ『お嬢さまをお願い!』。 最高視聴率を記録した『お嬢さまをお願い!』最終回は、これまでドラマに対する視聴者たちの関心がどれほどすごいかを見せてくれました。 去る9日、汝矣島(ヨイド)の飲食店で開かれたドラマ終放映で、話題の主人公たちを、私、キム・ユファが直接尋ねました。 一番先に姿を現したチョン・イル!

[現場の音:チョン・イル]
こんにちは。

『お嬢さまをお願い!』を通じて、初めて現代劇に挑戦したチョン・イル。 チョン・イルが見せてくれた一途でひたむきな愛は視聴者たちを感動させました。 それにもかかわらず’カン・ヘナ’との恋が実らず、ファンのせつなさを買いました。

[キム・ユファ]
Q)’ヘナさん’を奪われたじゃないですか。 それで少しだけ心が痛かったと思われるが、どうです?

[インタビュー:チョン・イル]
はい。心は痛いが、それでも愛する人が愛する人の元に行けるように送り出したので、僕はクールですから。

Q)クールですから。 イルさんは、クールだから~実年齢より少し上の役割をしました。 演技するのに難しさはなかったのか…?
A)「難しさはありました。 当然。僕より年上の役割を初めてやってみたので、ぎこちない部分も多くて。 また、職業が弁護士だから少し硬い部分もあるし、未熟な部分も多かったが、ファンたちがきれいによく見てくれたようです。

「格好いいですから。 クールで格好いいですから。」

クールで格好いいチョン・イル!! 相次いで二つの作品をしながら休まずに走って来ました。 終了後には、甘い休息を計画していると言います。

Q)イ・ミンホさんと仲良しですよね。 旅行のような計画あります…?
A)「ひとまず、旅行の話が、ボムとミンホと僕と3人で旅行に行くと思うんだけど、いつになるかよく分からないです。 それでも親しい友達と一緒にいるから楽しいようです。 一緒に仕事をして共感が形成されから。

チョン・イルとの名残惜しいデートを終えて、ようやく始まった終放映!主人公たちが集まって特別に用意されたケーキのロウソクを消してお祝いしました。 最終回を迎え、金一封を受けた『お嬢さまをお願い!』チーム!いたずらなユン・サンヒョンの言葉が続きます。

[現場の音:ユン・サンヒョン]
「開けないでって? いや、いくらか開けないで」

「これまでお疲れ様でした。 僕が思うに、僕らスタッフの方々が照明マイクそしてカメラ監督、そしてマネージャーさん、本当にお疲れ様でした。 これで終わりではないので、次に会ってもこうして笑って撮影現場で笑いながら一緒に働けたらと思います。 おいしく召し上がって歌でも歌いに行きましょう。 ありがとうございます。」

最後まで笑いを忘れないユン・サンヒョン!この時代の中年らしい姿です。ユン・サンヒョンとともに’ユンユンカップル’として活躍を繰り広げたユン・ウネさんを訪ねてみました。

[インタビュー:ユン・ウネ]
Q)終放映現場に来ているが、終放した感想はどうかおっしゃってください。
A)「実は今朝も10時に起きて、スタンバイが何時だっけ? こうしてまだそれくらい惜しくて明日も撮影多いような。 そんな感じです。」

韓国の’パリス・ヒルトン’。女性バージョンの’ク・ジュンピョ’として、開始前から視聴者たちの注目を集めた『お嬢さまをお願い!』の’カン・ヘナ’ことユン・ウネのファッションは、頭からつま先までホットイシューだったんです。

Q)ファッションやヘアスタイル、こうしたことがウネさんのせいでとても変わっています。 ご存じですか…?
A)「私が最近聞いた話えは大学街に行くと、’カン・ヘナ’頭に、服は2NE1だと。 ウハハハハ。それでとても楽しく聞いた話のようです。 そりゃ気持ち良いですよ。」

素敵な男性のユン・サンヒョンと、甘い男チョン・イルの愛を同時に受けてファンの視線を釘付けにしたユン・ウネ。彼女に避けて通れない質問があります。

[現場の音:取材陣]
「実際にチョン・イルさんとユン・サンヒョンさん、お2方のうちで選ぶなら誰を選びますか?」

[インタビュー:ユン・ウネ]
「この質問は本当に難しいです。 私は本当に二人とも正直、私のタイプではありません。」

チョン・イルとユン・サンヒョン。残念にも、二人ともユン・ウネのタイプではないといいます。 だが、劇中の’カン・ヘナ’の選択は執事’ソ・ドンチャン’でした。 ロマンチックなキスシーンで’ユンユンカップル’の開始を知らせて、視聴者たちの視線を一気に虜にしました。

Q)キスシーンが話題でしたが…?
A)「正直言って、私は作品ごとにキスをして、それがこんなに話題なのがよく分からなかったのですが、実は私たちがとても蒸らしたそうです。 それで多くの方々がちょっとその期待にとても私たちがグルになったように見えて、感動がなかったような気がします。 そうですね、私はまだ残念ですが。」

Q)視聴者の皆さんに。
A)「本当にたくさん愛されて終わったようで光栄です、本当にありがとうございます。 次も、もっといい作品で挨拶致します。 そしてたくさんの愛を下さって本当にありがとうございます。 ありがとうございます。」

ドラマ放送終了を惜しんで終放映現場を訪れたファン~あらかじめ準備したプレゼントを渡しながら、『お嬢さまをお願い!』の思い出を振り返ってみるんです。 ドラマとの別れが惜しかったもう1人の主人公『華麗なる遺産』の’ユ・スンミ’から、勝気で明るい’ヨ・ミジュ’として戻ってきたムン・チェウォンです。

[インタビュー:ムン・チェウォン]
Q)今日の終わりを迎えて、終放映にやって来て、最終回を見た感想はどうか…?
A)”私は気はさっぱりする一方、残念です。 すべてのシーンたちが、いつもと違って他の回と違って一つ一つ脳裏に残ると思います。」

ムン・チェウォンは、ホットセレブな’カン・ヘナ’の愛のライバルとして登場して、前作でお見せできなかった、明るくて肯定的な姿ばかり見せてくれたんですよ。

Q)愛のライバルが’ヘナさん’、ものすごい財閥家の孫娘じゃないですか。 実際に愛のライバルが’ヘナさん’のような人だった場合は、少し財政的に問題が生じるのでは…?
A)「とてもお金は重要と思いませんが、もし私が好きな男性が私と違ってお金のためについていくなら、とても失望しそうです。 失望してお金を途方もなくもうけようとするでしょう。 愛されるために、愛を叶えるために稼ぐわけではなく、そのままその女性に嫉妬して稼ぐと思います。」

Q)放送終了後、一番会いたくなりそうな人は?
A)「個人的にこの作品をする前にユン・ウネ姉さんと一緒に作品をすることをとても楽しみにしていましたし、ドキドキしていたのです。 なぜなら私がコーヒープリンスをとても面白く見たんですよ。 そうだったのに、実際に撮影入って一緒のシーンがたくさんなかったです。 個人的に非常に残念で、それでウネ姉さんが一番たくさん会いたくなると思います。」

「Y-STARの視聴者の皆さん、今日こうして終放映に来ていただきとても感謝しています。 いつも幸せで元気で、私は次の作品でまたいい姿でご挨拶します。 さようなら。」

思い出の中で、終映を迎えた『お嬢さまをお願い!』のユン・ウネ、ユン・サンヒョン、チョン・イル、ムン・チェウォン。次の作品でもっと素敵な姿をお願いします。


チョン・イル「僕がたくさん未熟だと感じた」お嬢さまをお願い、放映終了所感
Newsen|2009-10-10 08:54:13

俳優チョン・イルが、KBS 2TV水木ドラマ『お嬢さまをお願い!』放映終了所感を伝えた。

『お嬢さまをお願い!』は、10月9日午後ソウル汝矣島(ヨイド)某所で放映終了を祝う席を持った。 この日の打ち上げには、KBSイ・ウンジン ドラマ製作局長をはじめとして、チ・ヨンスPD と主演俳優ユン・ウネ、ユン・サンヒョン、チョン・イル、ムン・チェウォンなど、3ヶ月間『お嬢さまをお願い!』に力を注いだ出演陣とスタッフが参加して、ドラマ放映終了を惜しんだ。

『お嬢さまをお願い!』は10月8日放送された最終回(第16話)が19.0%という、自身最高視聴率を記録して放映終了をむかえた。 この日の打ち上げには『お嬢さまをお願い!』を惜しむファンたちが、放映終了を祝うケーキと写真横断幕、応援コメントを集めたパンフレット、出演陣とスタッフのためのプレゼントなどを準備した。

末っ子のチョン・イルは始終一貫明るい姿だった。 チョン・イルはスタッフ、俳優と共に酒杯を傾けながら、放映酒量の物足りなさを慰めた。 チョン・イルは「『お嬢さまをお願い!』をしながら、僕がたくさん未熟だと感じた」と謙虚に話した。

引き続き、ジーンズとTシャツのカジュアルな姿で登場したユン・サンヒョンは、一層浮き立った姿で話を繋いだ。 ユン・サンヒョンは「スタッフが最も苦労した」、「この縁は終わりではないと思う。 次も良いところで一緒に会って笑おう」とした。 ユン・サンヒョンは「ご飯食べて歌も歌う」と冗談を言ったりもした。

劇中キャラクターカン・ヘナ特有の個性あふれる赤色ヘアーで登場したユン・ウネは、「最後の挨拶をしようとすれば不思議な気持ちだ」「人見知りで恥ずかしがり屋で、他の人々とたくさん話ができなかったが、今ようやくしている。『お嬢さまをお願い!』を通じて多くのことを学んだ」と打ち明けた。

さらに、溌刺としたヨ・ウィジュ役を演じ、前作『華麗なる遺産』とは180度異なる姿をお目見えしたムン・チェウォンは、「前作でとても憂鬱だったが、明るい役割になって良かった」として「兄さん(ユン・サンヒョン)、お姉さん(ユン・ウネ)、イル(チョン・イル)本当にありがとう。 スタッフも」という言葉を残した。

去る8月19日初放送された『お嬢さまをお願い!』は、傍若無人な財閥相続女カン・へナと元つばめ出身執事ソ・ドンチャンのどたばたロマンチック コメディーだ。 これに人権弁護士イ・テユンと靴デザイナーを夢見るヨ・ウィジュが加勢して話が展開した。 最終かでは結局カン・へナとソ・ドンチャンの愛が成り立つハッピーエンドで終わった。

一方『お嬢さまをお願い!』後続は、イ・ビョンホン、キム・テヒ、チョン・ジュノ、キム・スンウ、キム・ソヨン、BIGBANG のT.O.P(実名:チェ・スンヒョン)が出演する『アイリス』が放送される。

<主演俳優4人の放送終了所感>

(cr.DC アブゲル)
※実際の挨拶は年齢順だったようですが、ウネちゃん→サンヒョンさん→イル君→チェウォンちゃんの順に編集されています。


<最終回撮影風景&打ち上げ&インタビュー>

(cr.KBS News Time:2009/10/12 放送)

イル君、お疲れ様でした!しっかり休んで…3人旅も実現するといいですね^^

コメント:Leave a reply

タイトルとURLをコピーしました