[韓国雑誌] Star1 2009年10月号

お嬢さまをお願い!

イル君掲載の韓国雑誌、Star1(スタイル) 2009年10月号です。
雑誌内容(日本語訳)も合わせてご紹介します。

男の香りが漂う魅力な男に変身する。 柔らかなカリスマ チョン・イル
白い肌、華やかな笑顔にお姉さんたちの心を溶かしてしまった’とっても大切な年下の男’チョン・イルが男になって帰って来た。 シットコンで先生を片思いしてる高校生を熱演した時と比較してみると、頬がとてもすっきりして、声も中低音に変わった。 KBS 2TV『お嬢さまをお願い!』で初めて現代劇に挑戦する彼に会ってみよう。

変身 2006年、映画『静かな世界』を通じて、静かに演技者としてデビューしたチョン・イルは、その年、MBCシットコム『思いっきりハイキック!』でイ・ユノを演じ、スターに急浮上した。 さわやかな笑みの後にちらっと見え隠れするいたずらっ子のような姿は、10代から30代に至る女性たちの心を揺さぶるには十分だった。まさにスターに急浮上した彼の次なる選択は映画『私の恋』。この映画でチョン・イルは愛に純粋な青年というイメージを加えた。 そうして、少年はシットコムでのイメージを拭い去るために、厚手の武道着を着こむ決断を下した。 MBC『美賊イルジメ伝』で果敢に時代劇に挑戦したのだ。視聴者には見慣れぬ姿だった。 業界の期待とは裏腹に、視聴率の面では苦戦した。 しかし、このような結果は彼にとって毒にならなかった。 「いっそう成熟して、余裕を持てる自由を得ました。 多くのことを学び、生涯忘れられない作品です」とチョン・イルは明らかにした。

挑戦 2009年、少年はもういつのまにか青年と呼ばれるほどに成長した。 1年着こんだ武道着も脱いで、ファッションもカジュアルスーツに変身した。 ユノからイルジメとして、今度は財閥二世の人権弁護士として生まれ変わった。 チョン・イルはKBS2ドラマ『お嬢さまをお願い!』で現代物の正劇に初めて挑戦した。 彼が演じた役は弁護士イ・テユンで、財閥家の息子だが、貧しく力のない人たちのために努力している人権弁護士だ。 伸ばした髪をばっさり切って洗練されたスーツとファッションも変えたが、最も大きく変わったのは彼の心構えだ。「歳も若いので、自分の色を求め行く過程だと思います。 『美賊イルジメ伝』を始める前はとてもいらいらしてプレッシャーがものすごかったです。 今では、むしろもっと楽になりました。 楽しみながら演技しています」と強い自信感を示した。

久しぶりに現代劇に出演するチョン・イルは、体に合った服をまた着ているようにリラックスしているように見えた。 ドラマでは相手役のユン・ウネと駆け引きのロマンスも見せているため、女性視聴者の心をときめかせている。 女性たちは彼の心を揺さぶる’オムチナ’キャラクターで、彼のそばを去った年上ファンを再び取り戻すという決意も語った。 「時代劇と現代劇の差があるようです。 ファンの方々の反応が早くも熱いです。 実は『ハイキック』の時は17万人を超えるファンがいたのですが、今は10万人程に減りました。 イ・テユンで7万人をもう一度お迎えしなければなりませんよね。 自信はあります
ユノの溌剌さとイルジメの慎重さが共存する新しいキャラクター、イ・テユンに変身した彼の姿をドラマ最終日まで見守ってほしいというチョン・イルの最後の頼みも忘れないこと。

デビュー チョン・イルが衣類ブランド’ニックス(NIX)’の専属モデルに抜擢された。 これまでチャン・ドンゴンとコ・ソヨン、SE7EN、イ・ドングクなどがモデルとして活動した同ブランドは、彼を2009 F/Wシーズンの専属モデルにして、感覚的なヨーロピアンライフスタイルラインを披露する予定だ。 チョン・イルは、去る2006年のデビュー以来、携帯電話、男性化粧品、ポータルサイト、牛乳、ビタミン飲料などの広告モデルとして活動し、広告界のブルーチップとして浮上した。 モデルに劣らぬ184cm のすらりとした身長と、優れたファッション感覚に衣類ブランドのClride、カジュアル男性スーツブランド、SPASSO のモデルとして活動したこともある。 NIX のユ・ジョンヒョン代表は「多くの作品を通じて見えてきたチョン・イルの明るい笑顔と洗練されたイメージが、NIX ブランドのアイデンティティとよく似合うと判断し、チョン・イルをモデルに抜擢することになった」と明らかにした。

※オムチナ(엄친아)…「엄마 친구 아들:お母さんの友達の息子」の略語で、成績が良く育ちが良い、何でも完璧にこなす優秀な人のこと

画像はNIX ですが、インタビューは『お嬢さまをお願い!』に関することでした^^
『美賊イルジメ伝』は、視聴率は少し残念な結果でしたし、初主演作ということでプレッシャーも強く感じていたようですが、今回は助演ですから、少し肩の荷が下りた感じかな…
約7万人のファンが戻ってくる自信はあると!期待したいです^^

コメント:Leave a reply

タイトルとURLをコピーしました