[記事]’Goodbye Sadness-どれだけ大変なら’放送総合チャート1位の座

イル君主演「Goodbye Sadness」の曲が評判上々のようです。

‘Goodbye Sadness-どれだけ大変なら’放送総合チャート1位の座
エアモニター6月第2週総合1位、’だから’は7位
joy news24|2007年06月19日午前10:16
070619_gs_article

Movie M’Goodbye Sadness’の挿入曲’どれだけ大変なら’が放送総合チャート1位に上がった。

チョン・イルとベクソンヒョンカ主演した新しいコンセプトの映像・音源結合物movie M’Goodbye Sadness’の挿入曲であり、新人歌手ク・ジョンヒョンのデビュー曲である’どれだけ大変なら’が、放送総合チャートであるエアモニターで6月第2週(11~17日)1位に上がった。 また、他の挿入曲である’だから’は7位に上がり、トップ10に挿入曲両曲がいずれも上昇する気炎を吐いた。

エアモニターは、地上波、ケーブルTVおよびラジオ放送の順位を合算して集計するチャートで、’どれだけ大変なら’は先週、209回放送したと集計された。 7位に上がった’だから’は164回放送電波に乗っていることが記録された。

これとともに、’Goodbye Sadness’は去る17日、ミュージックビデオでは異例的にソウル狎鴎亭CGVを皮切りに、全国試写に突入した。 17日、ソウルの試写会では35分分量の通常版が上映されたが、涙を流す観客が出るなど、熱い反応を得た。

映像と音源もいい反応を得ている’Goodbye Sadness’は計35分分量のノワール映像で、歌’どれほど大変なら’と結合された6分の1次公開映像編が、動画ポータルサイトGom TVで30万件に迫るクリック件数を記録、今年最も多くの人が見たミュージックビデオになった。

一方、’だから’を挿入した7分の2次映像公開編も公開1週間で10万件を超えるクリック件数を記録し、同じく高い人気を博した。 歌を歌った歌手ク・ジョンヒョンについても”イム・ジェボムの後を継ぐ歌唱力のあるハスキー歌手になりそうだ”という応援のメッセージが音源サイトの掲示板に掲載されて、ファンクラブもできるなど、関心が高まっている。

コメント:Leave a reply

タイトルとURLをコピーしました