[韓国雑誌]Cosmopolitan 2007年3月号

雑誌/画報

チョン・イル君掲載の韓国雑誌、「Cosmopolitan 2007年3月号」です。
インタビュー内容(日本語訳)も合わせてご紹介します。


思いっきりハイキック!、チョン・イル
Cosmopolitan 2007年3月号

*ニックネーム:キックユンホ。シットコム『思いっきりハイキック!』でハイキックが得意なイ・ユンホ役で出演してついたあだ名。

*好きな食べ物:刺身、肉。しかし、ホルモンと犬の肉は食べられない。

*朝に起きて一番最初にすること:鏡を見ること。最近撮影現場で仮睡してすぐ撮影をする場合が多く、顔の状態をチェックするために、起きるやいなや鏡を見ている。

*僕は自分が( )だったらいいな:堂々とした人。人見知りが激しい方なので、どんな場でも堂々とした人がうらやましい。

*これだけは自分が世界1位:銃戦闘ゲーム。本当にうまい。

*自分がかっこいい時:NGを出さなかった時。大先輩方と撮影をしているので、NGを出した時、ちょっとどうしていいか分からなくなる。

*一番記憶に残るコメント:“お前は誰だ”。『思いっきりハイキック!』で人気を得ているという記事の下に、この書き込みがあったのを覚えている。 Cyworld を熱心にしているけど、最近はパソコンを開く時間がなくてできない。

*理想のタイプ:高慢な女性。

*必ず会いたい芸能人:レオナルド・ディカプリオ。 演技も上手いし本当に素敵な俳優だ。

*今CDプレーヤーに入っている音楽:マドンナ、Gorillaz(ゴリラズ)の音楽が本当に好きでたくさん聴く方。

*チョン・イルの高等学校時代は:平凡な学生だった。(“人気が高かったようだが”と聞くと)あまり人気はなかったが、クラスに訪ねてきた女子生徒が2人だけいた。

*カラオケ18番:ナ・ユングォンの「僕だったら」(나윤권 – 나였으면)

*チョン・イルに会うにはここへ来い:『思いっきりハイキック!』の収録現場。火土曜日を除いてほぼ活動している。 新大方(シンデバン)三叉路のミニストップもよく立ち寄る。

 

コメント:Leave a reply

タイトルとURLをコピーしました